FC2ブログ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
プロ野球キャンプインの季節になり、野球好きの私は非情にうきうきしてるわけであります。その反面、「なぜ?」「どうして?」と思うことも大量にあるわけであります。で、今日は巨人について語りたいな、と。というわけで、今回は読売巨人軍について語らせてもらいます。暇でも最後までお付き合いください。(ぁ
昨年は5位と、球団史上最多敗戦など、屈辱のシーズンで送った巨人。当然、一ファンとしてはこの結果には納得できませんでしたが、一番納得の出来なかったことは、若手の使用の遅さ。はい。正直、5月ぐらいから若手を使って欲しかったですねえ。5月ごろからの巨人を見てて、もう浮上する気配がないな、と。今年は優勝はないな、とすぐわかりました。どうせ勝てないなら、いろいろな事を試して欲しかったです。例えば、ケガが多い清原選手に代わって、2年連続イースタンリーグで打点王を取った吉川選手を入れてみたり、とか。チームの事情もあるでしょうが、非常に不思議でした。自分の中では。勝てないんだけど、その中で新たな力が芽生えて、打線に化学反応を起こす。優勝は無くてもファンの人は見ていて、「ああ、来年はきっと強くなるな」とか思う人もたくさんいたと思うんです。実際、矢野選手が活躍してるの見て、とても新鮮な気分になりましたね。選手層が厚い巨人のなかで、いつも全力プレーで、本当に気合が入ってると思った。やっぱり、若手選手の使用はシーズン終了の辺りではなく、もっと速い段階でして欲しかった。これがまず最初に語りたかった。普段学校で、真剣に野球で話すとかはまずないです(ぁ
続いて、疑問に思ったことは、2年目の平岡投手と山本賢守投手の解雇。まだ2年目ですよ。若いです。平岡投手はルーキーイヤーの2004年に1軍で数試合に投げて、先発で投げたりと、当時14歳の私でも「この人、凄いな」とかわかる高卒の選手でした。2005年になって私も受験生になりました。それまではネットであの選手はこういう状態、とか調べていましたが、受験生の私にはそんな余裕もないわけです。しかし、少ない時間を絞って、選手の情報とかは得るようにしていました。両選手とも、ケガで悪い、とは聞いていましたが、3年目にリハビリして、2007年の4年目にはきっと両選手ともいい結果を残せるな、と思っていました。しかし、契約更改の時期になり、蓋を開けてみると両選手とも解雇。理不尽すぎる。両選手とも、3年目の2006年にリハビリしていれば間違いなく期待できる選手だと思っていたの
に。平岡選手は育成選手で再契約となって、ファンだった自分にとってはこの再契約が嬉しかったようで、でも育成選手という扱いに少し複雑な思いもありました。平岡投手は育成選手で、山本投手はオーストラリア球界に挑戦。両投手の活躍を、心からお祈りします。
最後に疑問に思ったことは、スモールベースボールを目指す、李選手の獲得。個人的には、若手選手と、高橋選手や、小久保選手、阿部選手、二岡選手で打線を組んで、つないで点を取る、こういう光景を見てみたいですねえ。語りつくすと止まらないので、今日はここまで、です。長らく見てくださった方、ありがとうございました。「えらそうに語るな」と思う人もいると思いますが、野球好きとしての意見を書かせていただきました。そこらへんは許してくださると光栄です。次は野球以外のことを書くと思いますよ(ぁ
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © SilenceFlower language all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。